来院時のお願い

待合室で他の動物と逢ったときに急に吠えられて、驚いて逃げ出したり、ケンカになるなどのトラブルを避けるために、ご来院の際には 次のことにご協力をお願い致します。
お車でお待ちの方は、その旨を受付にお伝えください。

動物病院の対象動物は自分ではどのように悪いのかを説明できません。一番よく世話をしている方が連れてきください。
下痢をしているときは便を少しでも良いので、サランラップに包んで御持参ください。乾くと検査できません。院内で採糞はできますが、自然排糞と違って直腸粘膜がたくさん一緒に取れて、診断を間違わせるかもしれません。
血尿が出るときは、少しでも良いので、お寿司に付いているようなプラスチックの器に吸い込んで御持参ください。
何か動物の様子・行動がいつもと違うときは、是非動画に撮ってきてください。動画は情報量がとても多くて正確な診断に役立ちます。

犬の場合

リードをつけるか、キャリーボックスで連れて来てください。

猫の場合

怖がって暴れたり、キャリーボックスに入りたがらない猫ちゃんの場合、洗濯ネットのご利用をお勧めします。

ウサギ・チンチラ・モルモットの場合

キャリーボックスに入れて連れて来てください。

ハリネズミの場合

キャリーボックスに入れて連れて来てください。診察ができないときが多々ありますので、かならず症状をスマホで記録してから連れてきてください。

小鳥・ハムスターなどの小動物

中が見えない紙製の箱などではなく、中身が見える透明のいれもの、または移動用キャリーケースなど。水入れは体にかかると冷えるので抜いておいてください。
ケージごと持ってきていただくと、止まり木の状態、餌の適否、その他飼育の上で、不都合な状態があれば、改善のお話をさせていただきます。

気温の低い時は、使い捨てカイロなどで暖かくして連れて来てください。
複数の動物を同じかごに入れないで、個別に入れてきてください。

用意するもの
健診の目的で糞便検査をする場合があります。
一番多い病気は食欲の不振また全く食べなくなることです。このときは、敷き紙を是非持ってきてください。もし数日続いているときは、数日分の敷き紙を見せてください。過去にさかのぼって、病状の推移を観察できるため、とても有用な情報を得られます。なかなかでないと後日調べるか、出るまで待っていただかないといけないので家を出る前に出た便をラップやジップロックのようなチャック付きの袋に包んで持ってきていただくと検査の際にスムーズです。

他院で治療中の場合は、お薬、検査の結果などありましたがお持ちください。

ごはんもどんなものを食べているか教えてほしいので写真か実物を持ってきてください。

いつもおこるわけではなく突発的にみられる行動異常やここがおかしいという身体所見があるばあいはスマホのビデオ機能で録画しておいてそれを見せてください。診察の手助けになります。

タイトルとURLをコピーしました